レズが出会い系ワクワクメール体験

レズの私が出会い系ワクワクメールで恋もゲットした体験談をまとめています

幼少からレズだと自意識している人はいない
いつ頃からでしょうか
自分がレズビアンだということが分かったのは
もちろん、男性ともお付き合いしたことあります
しかし、それは砂上の城みたいに、良いときと悪いときの差がありました
波が来ない間は穏やかな恋
しかし、一旦喧嘩をすれば、まさに修羅場と化していました
だから、私はレズビアンにならざるを得なかったのです
困ったことは、レズビアンだと恋が出来ない
世の中には出会い系サイトなど腐るほどあります
しかし、レズビアン専門サイトなどありません
存在しないことはないのでしょうけど、滅多に見かけないと思います
暗中模索という言葉を思い出さずにはいられませんでした
長い旅路を経てたどり着いたのがワクワクメールです
サクラのいないサイトを宣言しているのですが、私にとってはサクラが多いほうが良いことなのです
何故なら女性がサクラだからです

男性で収入のためにサクラをやっている人は皆無でしょう
登録して、多くの方の投稿を拝見しました
神待ち掲示板としても良く利用されているようです
家出した人の書き込みも多々ありました
無限や普遍、恒久的といえば大袈裟な言葉ですが、私にとっては、それらの言葉がインスピレーションとして頭をよぎったのです
何回かメールでやり取りをして、都内に住むある女性の方と出会うことが出来ました
ワクワクメールは同姓同士のメールやり取りを許可してくれるので、本当に助かります
中には、カップルの方が書き込みをしているときもあるようですが、私はレズビアンであり、バイセクシャルではないのです
興味本位で返信をすることはありませんでした
興味津々の方は、迷わずメールを送るのでしょうけど(笑)
都内のファミレスで出会ったA子さんは、現在女子大に通っているそうです
最初は他愛もない話をしていましたが、あっという間に時間が経過していました
男女の出会いの場合は、ここから身体の話になるのでしょうが、私達には不純な動機ではなかったので、彼女を駅まで送迎して別れました
淡い恋心になるまで時は必要ありませんでした
永遠に続く恋がここにあったと思いました
先日思いを寄せている彼女に告白をしました

結果は私の思いに答えていただけるそうです
数週間後、再度彼女と食事に行った時に、気持ちの昂ぶりが激しくて頭痛と目眩がしました
私はフランス料理が好きだったので、多少の体調不良で行きませんというわけにはいかないのです
長くなりましたが、ワクワクメールで出会えたのは、レズビアンの私にとっては幸せな体験でした